遺品を整理する

単身世帯の増加とともに増える依頼

遺品整理には一般清掃と呼ばれる通常の片付けの他に、特殊清掃と呼ばれるものもあります。一般も特殊清掃も依頼されるのは、一人暮らしの方がお亡くなりになった場合が多いようです。核家族化が進み、高齢者の単身世帯が増えてきました。そのため遺品整理をすることが、すなわち家を空っぽにすることと同じ意味になりつつあります。特に賃貸物件の場合では、早急に遺品整理をし現状回復をしなければなりません。家族だけで遺品整理をすると時間もかかりますし、原状回復まで持っていくのは困難です。遺品整理専門業者であれば、ほとんどのケースで1日で作業が完成します。処分に困る大型家具や家電の処分はもちろん、仏壇なども供養をして適切に処分してもらえます。

遺品整理費用は部屋の広さで基本料金が決まります

遺品整理業者に依頼しようと考えているなら、まずは無料見積もりをとってみるといいでしょう。現地調査が必要になりますが、遠方の場合、鍵をあらかじめ預けることもできるようです。又、清掃に立ち会いが出来ない場合も、現況写真なを送るサービスもあるようです。基本料金は部屋の面積によって決まります。そして特殊清掃が必要な場合には加算されます。特殊清掃とは、いわゆるゴミ屋敷と呼ばれる家の清掃や、自殺や孤独死などで部屋に体液や血液が付着している場合の清掃です。これらは専用の消臭機器を使ったり、念入りな清掃、害虫駆除などが必要です。もしもこういった特殊清掃が必要であれば、そういった清掃を頻繁に取り扱う業者に依頼するほうがいいでしょう。ノウハウや機器が充実しています。 処分予定の家財から買い取りできるものは買い取りをして、遺品整理費用から差し引いてくれる業者もあります。

Page Top